電源が入らないCasio HX-5の修理

今回はCasio Darwin HX-5の電源ユニットの修理です

電源コードを接続しても全く通電しませんえっ・・・

最初は接続した時々で電源が入ったらしいのですが、今や全く通電する気配がありませんガーン...

電源ユニット

電源ユニットを取り出してみました。

電解コンデンサ等には膨らみはありません!

電源ユニット ハンダ割れ

電源ユニットの裏側にハンダ割れを見つけましたおっおっ

長年にわたって何回も電源コネクタを抜き差ししたことで起きる症状です電球

特にCasioのワープロはこういう症状が多いようですポイント

これでは通電しないので、ハンダ付け作業を行いますドライバー

ワープロ ハンダ付け

修理完了です音符

他にも経年劣化でハンダ割れを起こしかけていた部分がありましたので、その部分も補修済みですOK

 

ワープロで電源が入らない場合はコンデンサの容量抜けかコネクタのハンダ割れが一番多いように思いますなるほど

 

修理すれば元通り使用できますので、使い慣れたワープロにこだわりをお持ちの方も是非お任せ下さい!!*

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です