画面が時々映らない

 

急に画面が消えるんです」とお電話がありました。

 

使っていて作業がのってくると、突然真っ暗になってしまうそうです。早いときだと5分くらいでダメなこともあるらしい。

 

で、電源を強制的に切ってもう1回入れ直すか、ちょっとパソコンを動かすとまた画面が出てくるそうです。

 

「もう、不便で、不便で」

 

お気持ち、よくわかります。。。翌日お伺いすることになりました。

 

さて、お客さま宅で症状を確認。

 

ノートパソコンを起動して、いつものように作業を始めていただくこと、ものの数分。突然、画面が「プツッ」と暗くなりました。

 

ノートパソコンは蓋(モニタ部分)と本体をつなぐヒンジの内部に線が通してあるので、そこが断線したり接触が悪くなることで映りが不安定になる、というトラブルがちょこちょこあります。

 

でも、今回はキーボードしか触っておらず、モニタには一切手を触れていません。お話どおり、パソコン自体を少し動かすと、画面が出てきます。

 

 

あれこれ触って調べた結果、原因はこちら↓でした。

京都でパソコン修理やってます

画面のちょうど真下にある、小さなポッチ。

 

蓋(モニタ)が閉じたことを検知する、プラスチックのスイッチです。

 

このスイッチが誤動作して、蓋を閉じていないのに閉じられたものとして、画面を消すようになっていました。

 

 

壊れたスイッチは交換するのが修理としては王道なのですが、今回は

 

画面が消えなければそれでよい

 

ということでしたので、お客さまと相談のうえスイッチ部分の機能を止めてしまうことに。

 

修理にもいろんな方法がありますので、お気軽にご相談くださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です