電源アダプタを挿しても充電されない

途中で電源が切れてしまうんです、というお客様。
ノートパソコンをお使いです。

詳しくお話を伺うと、バッテリの充電が満タンになったり、急に僅かになったりと不安定なそう。
で、使っているうちに「充電切れ」とメッセージが表示されて、どうやら電源が切れるのではなく、休止状態に入っているようです。

バッテリがおかしいのかしら、とパソコンを裏返してバッテリを抜いて、AC電源だけにしてみました。
電源アダプタにちょっと触れただけで、パツンと電源が切れます。
バッテリも弱っていますが、そもそもは電源アダプタの挿し込みがグラグラで接触が悪いことが原因ですね。

お預かりしてパソコンを全分解。
電源アダプタを挿す部分を見てみると・・・
基盤(マザーボード)と挿しこみ口をくっつけている、半田がすっかり割れてしまっていました。
↓こんな感じです

Before
京都でパソコン修理やってます-Before

半田(銀色の金属の部分)に大きな穴が開いているのが、わかるでしょうか。
これでは通電が安定しないので、半田づけをし直します。
直した後の写真がこちら↓

After
京都でパソコン修理やってます-After

これで通電ばっちりです宝石赤
ついでに、アダプタを挿したときにぐらぐらしてまた半田が割れてしまわないよう、ホットボンド(プラスチックの糊みたいなもの)でさらに固定します。

パソコンをもう一度組み上げて、しっかりと動作確認。

それから通電テストを数時間やってパスしたところで、修理完了ビックリマーク


(あー疲れたぁっ!ショック!

 

 

 

部品交換もできますが、補修だけで治るケースも、たくさんあります。

ここが私たちの腕の見せどころです宝石緑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です