WinXP「画面が真っ暗で起動しない」メモリエラー

先日私が買おうか迷っていたVaioの中古パソコンは、
目の肥えたお客様に売れてしまいました。

お店で見た数日後、サクッと買ってお持ち帰りに。
あの決断力がうらやましい。見習わなくちゃ!
Vaio、可愛がってあげてくださいね宝石赤

さて、今度は電源は入るのに画面が真っ暗というお客様。
普通の状態なら、電源を入れるとまずメーカーのロゴ(NECとか富士通とか)が出てきて、
その後にWindowsが立ち上がってくるのですが・・・


なーんにも映らない。

ただ、
真っ暗なだけ。

京都でパソコン修理やってます-電源ボタン

本体の電源ランプが光るだけ。

こちら、原因はメモリの不良でした。
メモリの動作テストをしてみると、2枚挿さっているうちの1枚にエラーが頻発。
これは、交換が必要です。

不具合の出ていたメモリを交換して、無事起動OK!
お預かりしたパソコンは256MBから1GBへの交換ができたので、
メモリの総容量も1.25GBと大幅にアップして、
起動後のPCの動作全般がずいぶん速くなりました。

余談ながら、XPで1GBオーバー積めると、
快適さがぜんぜん違いますね。

Windows7も動作の軽いOSですが、買い換えなくてもメモリの積み増しだけで、けっこういけるものです。
今回のような起動しないトラブルじゃなくても、普段から動作が遅いと悩んでいらっしゃる方はご相談くださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です